4杯目—どんな“健康茶”を選べばいいの?

1月のTea Break

健康茶は、毎日飲み続けられるものを選ぶことが大切。

無理なく続けられるコツは、

自分の目的と体調に合わせた商品を選ぶこと。

そして、「飲みやすい」「おいしい」と思えるような

自分の“好み”を大切にすることです。

今回は、毎日飲み続けられる選び方をご紹介します。

 

“健康茶”の選び方、4つのポイント。

 

昨今の健康ブームの中、健康茶の数もどんどん増えています。

色々な種類があり、どれを買えばいいのかわからない…という人も多いかもしれません。

健康茶はクセの強いものもたくさんあるため、

飲みづらいものも多く、好みが分かれてしまいがちです。

 

健康茶の飲みやすさとは味のことだけではなく、

手軽さ、使いやすさも決め手のひとつになってきます。

たとえば、原料を煮出さずに飲めるティーバッグタイプのものなど、

無理なく毎日続けられるような商品を選ぶのも良いでしょう。

 

健康茶を選ぶポイントを4つご紹介します。

1「目的に合ったものを選ぶ」

たとえば、思いあたる症状はありませんか? 高血圧や低血圧、便秘気味、冷え性、疲れが気になる、アレルギー症…など。健康茶の中には、疾病を予防するもの、改善するもの、解消、防止などの働きがありますので、自分の体の健康面や体質の弱点を補うことができそうなものを選ぶことも大切です。

 

2「相談して選ぶ」

アレルギーがある方や通院をして薬を服用している人は、医師や薬剤師などに相談して選んだ方が良いでしょう。健康食品といっても、素人では分からない副作用が生じる危険があったり、服用している薬と合わない場合もあります。

 

3「予算で選ぶ」

必ずしも高いものほど効果があるとはいえない健康茶。毎日の健康維持のために飲むものなので、あまりに高価なものは避けた方が賢明です。一般的には、1ヵ月で1,000円〜3,000円くらいの予算など、予算に合ったもののなかから、ベストな商品を選びましょう。毎日のお茶代として負担のない商品がおすすめです。

 

4「味や飲みやすさで選ぶ」

健康茶は薬ほど即効性があるわけではないので、マズイから…といってすぐに飲むのをやめたりする人もいますが、大切なのは毎日飲み続けるということ。自分の好みに合った健康茶を探すことはもちろん、飲みやすく工夫することも大切です。

これらのポイントを踏まえて、

無理のない健康茶ライフを送りましょう。