27杯目–初夏のさっぱり、万能茶お茶漬け

<人気フードコーディネーター考案の特別レシピ  >

村田園の看板商品といえば、万能茶

もちろんそのまま飲んでもじゅうぶん美味しいのですが、

料理に活用して、もっと皆さんに楽しんでもらえる方法はないかと考えました。

「万能茶をつかった季節のレシピ」を皆さんにお届けしたい!

…そんな編集部のワガママからスタートした今回の企画。

ご協力をおねがいしたのは、県内在住の

人気フードコーディネーター・相藤春陽(はるひ)さん。

管理栄養士・食生活コーディネーター、フードスタイリストとしても

活躍する春陽さんのあらたな拠点「HARU lab.(ハルラボ)」で、

お手軽なお茶漬けレシピを教わってきました!

 

レシピ開発・調理をおこなった「HARU lab.(ハルラボ)」(熊本市 新町)

 

 

うまみたっぷりの“だし茶づけ”!?

「今回あらためて万能茶を飲んでみておどろきました。苦み・渋みがほとんどなく、うまみとあまみ成分がたっぷり。お茶としての存在感がすごいんです。いろいろな食材でためしてみましたが、何を合わせても“だし茶づけ”のようなおいしさでビックリ!」と春陽さん。

 

「お茶漬けは子どもから大人まで大好きなメニューのひとつで、ぺろっと食べられるのがいい」と話し、今回も気軽さ重視の内容に。「冷蔵庫にある食材を切ったり、和えたり、調味料をあわせるだけ。お茶漬けってインスタントなものだから、こだわりすぎないほうがいい。ああ、今日は料理つくるのが面倒くさい! そんな時にぴったりなんです(笑)」

 

お手軽・気軽なレシピとはいえ、万能茶のおいしさを存分に引き出しつつ、食材を工夫して栄養をとってほしいという想いをこめて、3つのレシピをつくっていただきました。

※万能茶には「選」(せん)と「粋」(すい)の2種類がありますが、お茶漬けには「選」の方が他の具材とケンカをしないということで、今回は「選」を使ってのレシピ開発となっております。

 

それでは早速、初夏にぴったりの万能茶のお茶漬けをご紹介します!

 

 

★ママ向け★

アボカド茶漬け

◎材料

ご飯1杯

アボカド1/2個

塩昆布 2g

ワサビ 少々

万能茶(選)

「アボカド茶漬け」の材料

 

(編集部試食メモ)

アボカドにお茶!? 意外すぎる組み合わせにおどろきましたが、だしにじわっと浸かった感じでさらに食べやすくなります。ボリュームたっぷりで、満足度もばつぐん。

 

新感覚! 濃厚な味わいのアボカドに塩昆布のアクセントが◎

 

(春陽さんからのひとこと)

アボカドは「森のバター」といわれるほど濃厚な味わいが特徴ですが、“オレイン酸”といってコレステロールを減少させてくれる成分が多く含まれているんです。塩こんぶのうまみ、ワサビのぴりっとした辛みがお茶漬け全体の味をうまく調和してくれます。

アボカドは美容にいい果物ですので、忙しいママの朝ごはんにぴったりという感じですね。

 

 

★キッズ向け★

コーンとツナの茶漬け

◎材料

ごはん1杯

ゆでとうもろこし缶 30g

ツナ        30g

マヨネーズ     大さじ1

しょうゆ      小さじ1

万能茶(選)

「コーンとツナの茶漬け」の材料

 

(編集部試食メモ)

ツナ、コーン、醤油…、もう間違いない組み合わせ。これは、小さなお子さんも大好きなメニューでしょう!お替わりしたくなったのを我慢しました(笑)。

 

ツナ×醤油×コーンの黄金組み合わせ。万能茶でさらりと

 

(春陽さんからのひとこと)

言わずもがな、ツナ・コーン・醤油は黄金の組み合わせです。ちょっと脂っぽいかなと思われる方もいるかもしれませんが、そこを万能茶がさっぱり流してくれます。

それと、こちらのメニューは小さなお子さんにぴったり。子どもは苦み・渋みを嫌いますので、お茶漬けといっても「お湯」を使うことが多いんです。でも緑茶とちがって苦み・渋みがほとんどない万能茶なら、お子さんも喜んで食べるのではないでしょうか。

 

 

★パパ向け★

梅干しとキュウリの柚子胡椒茶漬け

◎材料

ごはん 1杯

梅干し 1個刻む

キュウリ 1/4本 スライスして塩もみ

ゆず胡椒 小さじ1

万能茶(選)

「梅干しとキュウリの柚子胡椒茶漬け」の材料

 

(編集部試食メモ)

とってもシンプルなお茶漬けなんですが、梅干しをつぶしたり、ゆず胡椒を混ぜたりするとひと口ごとに印象が変わって感じられます。“冷や汁”感覚でさらりと食べられるので、体調がすぐれない時や食欲がないときなどにいいかも!

さっぱり食べられるお茶漬けだと、身体の内側から疲れを癒せます

 

(春陽さんからのひとこと)

これは2日酔いのお父さんが、朝からパッと食べて会社に行く…そんな場面を想像してつくりました(笑)。キュウリに含まれる“クエン酸”は、むくみを防いだり炎症をおさえてくれる働きがありますので、これから暑くなってくる季節にいいですね。お子さんの熱中症対策などにもおすすめです。

 

今回ご紹介した3つのレシピは、どれも家にありそうな簡単な食材でチャチャッと完成できるものばかり!

「万能茶のうまみがしっかりあるので、どれだけでもお茶漬けのバリエーションがつくられそう」という春陽さんの言葉が印象的でした。皆さんも実際に作ってみて、ぜひ感想を教えてくださいね!これからもさまざまな形で万能茶を味わってもらえるよう、レシピ開発にチャレンジしてみたいと思っていますので、どうぞお楽しみに!

 

人気フードコーディネーター、管理栄養士でもある相藤春陽さん これからのレシピ開発、宜しくお願いします!

 

編集部 RECOMEND

■万能茶■

記事内でご紹介した「万能茶」に興味を持ったあなたへ!万能茶の詳しい情報は、こちらを押してくださいね。

 

■ちがう梅 紀州産つぶれ梅 しそ風味■

 どうせなら、美味しい梅でお茶漬けはいかがでしょうか。
紀州産南高梅使用。着色料、(しそ)香料などを使用せず、紫蘇の葉のみで着色、香り付けを行っています。紫蘇の葉の自然な香りを感じていただけますよ。
塩分約6%という、塩分が少ないことも嬉しいポイントです。万能茶と一緒に、ぜひ!